データのソフトウェア障害について|パソコン修理屋のくまさん

ソフトウェア障害(論理的データ障害)

  1. パソコン修理のトップ
  2. データ復旧
  3. ソフトウェア障害

データのソフトウェア障害とは

データのソフトウェア障害は論理的データ障害とも呼ばれ、パソコン内部の電磁的な要因や、間違ってフォーマットしてしまった、ウイルスなどの感染によって引き起こされるデータ障害です。
自分で誤ってデータを消してしまったり、パソコンの故障が見られないのにデータが消えてしまった時はソフトウェア障害の可能性が高いでしょう。
この場合、データにアクセスできなくなりますがディスクにファイルが残されていることが多く、フリーの復旧ソフトでも回復させることが可能です。しかし、ソフトウェアの障害なのか、ハードウェアの障害なのか見分けがつかない場合は下手にパソコンを動かすと戻るはずであったデータが二度と戻らなくなりますので、余程の確信が無い限りおすすめしません。

データ消失した時、注意すること

上記でも述べましたが、データが認識できないだけでディスクにはまだファイルが残っている可能性が十分にあります。
下手にパソコンを動かしてソフトのインストールや再起動の繰り返しなどをおこなってしまうと残っているファイルが上書きされて消失してしまう恐れがあります。
一番の対処方法は静かに電源を落とし、専門家に任せることでしょう。
パソコン修理屋のくまさんはデータ復旧の専門スタッフが365日出張し、ご自宅でデータ復旧を行います。データの損失でお困りならぜひご連絡下さい。

料金の詳細はこちらから
パソコン修理のお電話はこちら

PC修理メニュー

セキュリティ

システム・アプリケーション

インターネット・ネットワーク

  • インターネット接続
  • ホームネットワーク構築
  • 無線LANセキュリティ設定
  • ネットワーク機器外部アクセス設定

周辺機器修理・設定

  • 周辺機器の接続設定
  • 特殊プリンター設定
  • テレビ機能設定

ハードウェア修理・交換

法人のお客様

  • 業務用ルータ基本設定
  • 業務用ルーターVPN設定
  • VPNクライアント接続設定
  • 各種サーバー機能設定
  • UPS設定設定
  • 社内ネットワーク構築設定
  • 法人向けPCセットアップ

その他のサービス

  • パソコン基本レッスン
  • 応用レッスン
  • 年賀状作成代行
  • PCクリーニング
  • PCレンタル
  • リサイクル回収・廃棄委託
  • ハードディスク破壊証明書発行
  • 購入代行
  • WEBサービス利用登録